2017年サロマ湖ウルトラで役立ったもの シューズ編

サロマから9日経ちました

筋肉痛は怖いほどなく、全身の体調も割りと良かったのですが

先週末から喉が痛いです

油断した頃に体調を崩すので気をつけないといけません

また、翌日から唯一左くるぶしの内側が痛いのですが、だいぶ収まってきました

曲げ伸ばしすると靱帯がキシキシする感じでした

そろそろ士別ハーフマラソンに向けてラン再開したいところです

さて、サロマ完走記は無事書き終わったので、ここからは装備や補給作戦についての忘備録を書いていきます

まずはシューズ編

サロマの完走回数が少ない頃は、やはり長距離ということでクッション性を求めて

アシックスのDSトレーナーで走っていました

練習も本番も同じシューズでいいので結構すぐ履きつぶしていましたが、3回くらい買い直して使うくらいお気に入りでした

その後、完走が安定してくると

ウルトラもフルと同じシューズがよいという情報もあり

ウルトラのタイムも縮めたいしということで

フルで使っている

ターサーや一時期浮気したアディダスのジャパンブーストを使いました

これらも特に足が痛くなったり、顕著なダメージもなく使いやすかったです

が、特にタイムも縮まず、サブ10ギリギリをウロウロしていました

そして、今年使ったシューズですが

まずは話は昨年のサロマ後あたりに遡ります

サロマの攻略法や完走記をあさっていたときに

シューズコンサルタントの北川司さんのブログにたどり着きました

面識はありませんが、同い年ということもありその後も記事をチェックしていたところ

シューズを買うとき、 下の写真のように曲げてみて下さい。 これって、シューズ選びにおいて、超重要。 壊れないので大丈夫!笑 見てもらいポイントは 曲がる場所 これを知っているか知らないかで、 その人にとって、そのシューズが 「走りやすい」シューズなのか 「走りにくい」シューズなのか 大まかに判別することが出来ます。 ど...

シューズの踵の減り方による選び方がありました

自分の今までのシューズではすべて踵の外側から減っていっています

典型的な踵着地の走り方です

そこで、踵着地の人へのおすすめとあった

アシックスのスカイセンサージャパンを選ぶことにしました

ターサージャパンと対をなすこのシューズ。 ラスト(木型)は同じものを使っているため、 足入れ感はとても似ています。 ただ、走った感覚は…。 全く別のシューズです。 ターサージャパンについてはこちら。 その特徴とは… ターサージャパンが以下の特徴があるのに対し、 1、セパレートソールである。 2、ニュートラルタイプである...

アシックスのシューズの中でも癖のない、デザインとしても地味ーなシューズです

昨年の秋から使い始め

別海フル

洞爺湖フル

と2回連続でフルのベスト更新のパートナーとなってくれました

そして今回のサロマ

完走記の通り8時間55分11秒という30分のベスト更新へと導いてくれました

北川さんのスカイセンサージャパンの紹介にもあるように、シューズの反発は少ないですが、ふくらはぎや足の蹴る力をセーブしてくれるまさにウルトラ向きの相棒でした

レース後足の筋肉痛がないことも無関係ではないようです

来年以降のサロマでもぜひ使っていく予定です

ですが、フルでサブスリーを目指すにはちょっとスピードが出しづらい印象も

基本的なスピードがある人には良いのでしょうが、スタミナ型の自分にはもう少し反発が必要な気もします

秋のフルまでにはサブスリー用の相棒を探していこうと思います

(そのうち書きますが、フォーム改造によって踵着地も減ってきたような気もするので)

シューズ編については以上

次回は寒い2017年サロマで大事だったウェア編を書こうと思います

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする